〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2931-4
JR橋本駅・京王相模原線 橋本駅 南口より車で15分

お気軽にお問合せください
受付時間:8:30~17:30
定休日 :日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43

基本ハンドル操作について

基本ハンドル操作をおぼえよう

フォークリフトのハンドル操作には直進直角走行、後進直角走行、前進クランク走行、後進クランク走行があります。それぞれの基本ハンドル操作を覚えて、安全にフォークリフトを運転できるようにしましょう。
ここでは4種類の走行の仕方について解説していきます。

前進直角走行

1.前輪タイヤを曲がる方向の角に対し、約20cm近くまでもっていきます。

2.バックレストが曲る方向に対し、約30cm手前に来たら、ハンドルを約1回転半切ります。

 

3.フォークリフト車両の中心が通路の中央に来たらすばやくハンドルを戻します。

後進直角走行

1.フォークリフトは通路中央をバックして走行します。

2.曲がるコーナー1m程度手前に来たら、曲がる方向の角を見てシートの中央部が角と一致したらハンドルをすばやく約1回転半切ります。

3.ダッシュボードが、角を曲るとき前輪タイヤと角が20~30cm離れていれば身体を右側に向けカウンタウエイト中心と後方の通路中央を見ます。

4.カウンタウエイト中心が通路中央に近くなったらハンドルをすばやく戻します。

前進クランク走行

1.前輪タイヤを曲がる方向の角に対し約20cm近くまでもっていきます。

2.バックレストが曲る方向の角に対し約30cm手前に来たらハンドルを約1回転半切ります。

3.フォークと曲る方向の角が正対したらすばやくハンドルを戻します。

4.前輪タイヤを曲る方向の角に対し約20cm近くまでもって行きます。

5.バックレストが曲がる方向の角に対し約30cm手前に来たらハンドルを約1回転半切ります。

6.通路中央部分とフォークリフト中央部が合ったらすばやくハンドルを戻します。

後進クランク走行

1.右側からカウンタウエイト中心部分と通路中央を合わせて走行します。

2.曲がるコーナー1メートル手前で、曲がる方向の角を見て、シート中央部が角と一致したらハンドルをすばやく約1回転半切ります。

3.前輪タイヤと角が20~30cm程度あいていればすばやく左側後方を見る。カウンタウエイトが曲る方向の角に正対していたら、すばやくハンドルを戻します。

4.曲る方向の角を見てステップ中央部分が角に来たらすばやく約1回転半切ります。

5.前輪タイヤと角が約30cmあいていればすばやく右側後方を見る。カウンタウエイト中央部分が通路中央線と一致したらすばやくハンドルを戻します。

自社サポートサービスのご紹介

「オペレーターがよくフォークリフトをぶつけて大きな事故を起こさないか心配!」
「しばらく運転していないのでフォークリフトの運転が不安!」

などお困りのお客さまがいらっしゃいましたら、当社のフォークリフト安全運転講習やペーパードライバー講習がおすすめです。経験豊富で優秀な講師がお客様のところへ出張講習を行います。(神奈川・東京・埼玉・その他一部地域に限ります)

※ペーパードライバー講習に関しましては、出張は行っておりませんので当社までお越し頂き受講をお願いいたします。

 

こちらにフォークリフト学科試験問題と危険予知トレーニングの例を掲載していますので、職場の安全活動にぜひご利用下さい。朝礼の際に一日一問皆さんでやってみるだけでも、かなり効果があります。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43
受付時間
8:30~17:30
定休日
日曜・祝日