〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2931-4
JR橋本駅・京王相模原線 橋本駅 南口より車で15分

お気軽にお問合せください
受付時間:8:30~17:30
定休日 :日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43

旋回走行と坂道走行について

旋回走行と坂道走行の運転の仕方を覚えよう

フォークリフトは、前輪駆動で後輪が舵取りであるため、特に小回り性を強く求められます。これにより、タイヤの切れ角度がトラックの2倍の切れ角があります。
自動車と同じつもりで旋回しようと急にハンドルを切るなどすると、後輪が外側へ大きく回り、思わぬ災害を起こすことに繋がります。ですから、フォークリフトの性能を理解した上で運転することが大切です。

また坂道での空荷と積荷の状態では、フォークリフトの走行の向きも違ってきます。ここでは旋回走行と坂道走行のやり方と注意点について解説していきます。

【目 次】

フォークリフトの旋回走行について

自動車とフォークリフトの小回り性の違い

フォークリフトは、前輪駆動で後輪が舵取りであるため、特に小回り性を強く求められます。これにより、タイヤの切れ角度が

自動車…内側角度 40°〜45°/外側角度 30°〜40°

フォークリフト…内側角度 75°〜80°/外側角度 50°〜55°

となっており、トラックの2倍の切れ角があります。

また、ステアリングにはパワーステアリング装備がほとんど基準となっており、ハンドル操作が容易です。そのため、自動車と同じつもりで旋回しようと急にハンドルを切るなどすると、後輪が外側へ大きく回り、思わぬ災害を起こすことに繋がります。

旋回走行時の注意事項

1.フォークを高く上げたまま旋回すると、転倒事故を起こすのでしてはいけません。

2.高速で旋回すると、転倒事故を起こしたり、荷物を放り出して周囲の人を荷物で怪我をさせることになります。

3.旋回するとき、車両後部が建物の壁や周囲の人に接触したり、激突する事故が増加してきているので、十分に注意することが必要になります。

フォークリフトの坂道走行について

登り坂や坂道走行時の注意事項

1.上り坂では一旦停止してフォークやパレットが路面に接触したり、刺さらないよう高さを調整するようにしましょう。

2.上り坂での頂上は見通しが悪いので徐行するようにしましょう。

3.坂道では傾斜面に沿って、横切ったり、旋回すると車両の転倒事故につながるので絶対しないようにしましょう。

積荷と空荷での坂道走行のやり方

1.荷物を積んで坂道を走行する場合は、上りは前進で、下りは後進で、かつ、エンジンブレーキを使用します。

 

2.空荷で急な坂道を走行する場合は、上りは後進で、下りは前進で、かつエンジンブレーキを使用します。

 

自社サポートサービスのご紹介

「オペレーターがよくフォークリフトをぶつけて大きな事故を起こさないか心配!」
「しばらく運転していないのでフォークリフトの運転が不安!」

などお困りのお客さまがいらっしゃいましたら、当社のフォークリフト安全運転講習やペーパードライバー講習がおすすめです。経験豊富で優秀な講師がお客様のところへ出張講習を行います。(神奈川・東京・埼玉・その他一部地域に限ります)

※ペーパードライバー講習に関しましては、出張は行っておりませんので当社までお越し頂き受講をお願いいたします。

 

こちらにフォークリフト学科試験問題と危険予知トレーニングの例を掲載していますので、職場の安全活動にぜひご利用下さい。朝礼の際に一日一問皆さんでやってみるだけでも、かなり効果があります。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43
受付時間
8:30~17:30
定休日
日曜・祝日