〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2931-4
JR橋本駅・京王相模原線 橋本駅 南口より車で15分

お気軽にお問合せください
受付時間:8:30~17:30
定休日 :日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43

特定自主検査・月例点検・始業点検の内容
 

フォークリフト性能維持と安全防止のために
定期点検を実施しましょう

フォークリフトは、労働安全衛生法で労働災害防止と性能維持のために
特定自主検査(年次点検)・月例点検(月例検査)・始業点検(作業開始前点検)の実施が義務づけられています

メンテナンスから得られるメリットは、「車輌の性能維持」と「耐用年数のアップ」です。定期検査を怠ると、性能が本来の能力よりもダウンし、事故が発生する恐れがあります。常に良好なコンディションを保ち、機械の性能がフルに発揮できる安全な状態で使用するようにして下さい。
またお手入れや点検を怠り続けていると、消耗や劣化・摩耗・疲労・損傷などによって機械の耐久性が下がってしまいます。定期検査でフォークリフトを長持ちさせましょう。
ここでは点検の種類について紹介します。

事業者は1年を越えない期間ごとに1回、検査資格者による定期に定められた特定自主検査を行わなければいけません。(労働安全衛生規則 第151条の21)
人間でいうなら年に一度の「人間ドック」や「健康診断」と同じで、自動車で言うところの【車検】のようなものです。実施しない場合は、営業停止または50万円以下の罰金に処せられる事があります。

月例点検の目的は1ヶ月間の作業による「異常の有無」と「損傷の有無」を検査し、正常な状態にすることです。事業者は1ヶ月を超えない期間ごとに1回、定期に月次検査を行わなければなりません。(労働安全衛生規則 第151条の22)
定期的な点検をする事により大きな故障や出費を未然に防ぐことができます。毎月、専属の整備士がお伺いしますので不安な事もぜひご相談下さい。

その日一日の作業が安全に行える状態かどうかを仕事開始前に点検します。事業者はフォークリフトを用いて作業を行うときは、その日の作業を開始する前に作業開始前点検を行わなければなりません。
(労働安全衛生規則 第151条の25)
ここでは、よく聞かれる【始業点検のやり方】を紹介します。

フォークリフトの急な故障で、フォークリフト業者を探してもすぐに来てくれなかった経験はございませんか?
当社の【月例点検 契約】なら毎月専属のプロの整備士がお伺いしますので「故障時にサービス工場がわからない」 「なかなか修理に来てもらえない」などの不安を解消致します。
まずは【無料点検サービス】をご体験下さい。

法令点検のことでお困りなら

人間も定期健診が必要なように、日頃からのこまめな点検で大きな出費や故障を未然に防ぐことができます。
 

当社では経験豊富なプロの整備士がお客様の経費削減に貢献させて頂けるよう、また安心してフォークリフトをお使い頂けるよう、万全の技術と設備でお客様の大切な車輌を保守し、点検・整備・検査を行っています。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43
受付時間
8:30~17:30
定休日
日曜・祝日