〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2931-4
JR橋本駅・京王相模原線 橋本駅 南口より車で15分

お気軽にお問合せください
受付時間:8:30~17:30
定休日 :日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43

特定自主検査(年次点検・定期自主検査)について
 

特定自主検査(年次検査)とは

私達の定期健康診断と同じように、フォークリフトについて、事業者は1年を越えない期間ごとに1回検査資格者による、定期に定められた特定自主検査をおこなわなければなりません。
(労働安全衛生規則 第151条の21)
特定自主検査の実施は、機械の機械不良や損傷などの異常を早期発見し、異常の個所を補修することによって、故障などによる労働災害を未然に防止し、作業者の安全確保と機械の性能保持を図ることにあります。
人間でいるなら年に一度の【人間ドック】や【健康診断】と同じで、車で言うところの【車検】のようなものです。

検査個所 原動機 動力伝達装置 走行装置 操縦装置 制動装置
検査内容 異常の有無
検査個所 荷役装置 油圧装置 電機系統 車体 ヘッドガード
検査内容 異常の有無
検査個所 バックレスト 警報装置 方向指示器 灯火装置 計器
検査内容 異常の有無

どんな検査を行いますか?

検査は各機械ごとに定められた検車事項について実施し、結果を記録することになっています。
(労働安全衛生規則 第151条の21、第151条の53、第167条、第194条の23)
①圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
②ディファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
③タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
④かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
⑤制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
⑥フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
⑦油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁その他油圧装置の異常の有無
⑧電圧、電流その他電気系統の異常の有無
⑨車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置及び計器の異常の有無

上記の約40項目以上にわたる検査をしていきます。

ブレーキ・オーバーホール

ブレーキの点検

コントロールバルブのリリーフ圧を測定

エンジンシリンダー内の圧縮圧力の測定

リフトチェーンの張り・伸び・腐食・損傷の点検

爪の亀裂の点検

修正塗装
(当社オリジナル)

社名ステッカー
(当社オリジナル)

電気まわりのチェック

油圧のチェック

走行のチェック

点検が終了

検査の記録はどのような内容ですか?

特定自主検査記録表

検査の結果は、所定の特定自主検査記録表(チェックリスト)に次の事項を記録して3年間保存しなければなりません。
検査年月日検査方法検査箇所検査結果検査実施者名検査結果の措置内容
(労働安全衛生規則 第151条の23、第151条の55、第169条、第194条の25)

 

異常があった場合はどうなりますか?

検査の結果、異常を認めた場合は直ぐに補修などを行い、正常な状態に修復させ、その他必要な措置をとらなければなりません。(労働安全衛生規則 第151条の26、第151条の58、第171条、第194条の28)

 

検査は誰でもできますか?

有資格者ワッペン

法令で定められた資格を有する検査者、または登録検査業者のいずれかによって特定自主検査を実施することになっています。
(労働安全衛生規則 第45条の第2項、第54条の3、第54条の4)

法定検査機器とは?

事業者(ユーザー)からの依頼により特定自主検査を実施する登録検査業者は、次に示す検査機器を最低1セット以上保有することが法律で決められています。

1.圧縮圧力計 2.回転計 3.シックネスゲージ 4.ノズルテスター 5.油圧計
6.電圧計 7.電流計 8.探傷器 9.摩耗ゲージ  

 

 

検査済みの証明として何か発行してもらえますか?

標章(ステッカー)

検査が済んだ機械には、見やすい箇所(運転席の付近など)に検査を実施した年月を明らかにする標章(ステッカー)を貼付しなければなりません。
(労働安全衛生規則 第151条の24第5項、第151条の56第5項、第169条の2第8項、第194条の26第5項)

 

 

検査や必要な措置を怠った時はどうなりますか?

罰則(50万円以下の罰金等)が適用されます。
(労働安全衛生規則 第119条、第120条、第122条)

 

 

職場で掲示できる特定自主検査の資料はありますか?

上記の内容を記載した「建設荷役車両安全技術協会」発行のPDFをダウンロードできます。職場に貼りだして作業場の安全にぜひご活用下さい。

 

 

相談できる業者・場所

フォークリフトの特定自主検査(年次検査)は、検査資格者が行わなければなりません
(労働安全衛生規則 第151条の21)
ですので作業前点検や始業点検のように、ご自分で検査することはできません。

当社のサポートサービスのご紹介

「今の点検料は適切か知りたい!」「どこで点検をやってもらっていいかわからない!」そんなお客様がいらっしゃいましたら、ぜひこちらをお試し下さい。

「今の検査料は適正かな?」「初めてなんだけどどこの業者でやっていいかわからない」そんなお客様は、年次点検(特定自主検査/定期自主検査)のお見積りキャンペーン(無料)をお試し下さい。
お客様の経費削減にご協力させて頂くため、1円でも高い場合はお知らせ下さい。国内全メーカー対応しております。
年次点検を新規でご契約頂いたお客様に限り、サービス品・割引などの特典がつきます。
当社は法令に基づいて運営しておりますので、法令点検のお値引きは出来かねます。ご了承下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

フォーク・フォーク・よいサービス
0120-4949-43
受付時間
8:30~17:30
定休日
日曜・祝日